HOME>ホットトピックス>訳ありであるが故に高級車が安く流通する仕組み

目次

融資目的の担保物件

車の模型とお金

金融車は所謂、中古車に於ける訳ありあり物件の事で、ローンが払えなくなった車をローン会社以外の金融機関に担保に入れ、融資を受けた場合などに発生するものです。つまりどういう事を意味するかと言うと、名義変更のできない車であり市場の流通価格の半値程度で販売される事が多いのが、特徴です。

正規ではないと言う事

車の模型と電卓

金融車として流通する車の中心となるジャンルは高級車で、税金対策などで法人がローンやリースを組んで、乗っているケースが多いと言う実情があります。単刀直入に言うと金融車は高級車を安く手に入れられる半面、正規のルートで販売されている車ではないので色々と注意が必要となります。

リスクとなるポイント

車の模型とお金

注意が必要な事として、まず正規のルートで取引される車では無い金融車は、闇金や街金など反社会勢力が関わっている可能性が高いと言う恐れがあります。また、ローン未払いや自動車税未納により強制執行によって、登録抹消となってしまった場合その車を乗っている事が明るみに出れば、当然の事ながら罪になってしまいます。訳ありであるが故、これらのトラブルがあった場合販売店のフォローは期待できず、全て自己責任となってしまいます。

選択肢として

車の模型とお金

高級車を安く乗る方法として、もし金融車に興味関心がある場合には、違法性や購入後のリスクなどを十分に踏まえた上で、検討をする必要があります。特に金融初心者などの場合には、金融車は余り望ましい選択肢とは言えません。

広告募集中